What We Believe In

私達の信じること
 

 
アタマとココロとコトバ

これからの世界を作り生き抜くための「考える力」、イエス・キリストの愛の精神を土台とする「豊かな心」、文化の壁を越えたコミュニケーションの道具となる「確かな言葉」。国際的に認められた教育理論・教授法に基づいて、この3つを要としザイオンのカリキュラムはクリエイトされ、皆様に届けられます。
例えばハサミの使い方には注意が必要です。使いやすい角度や持ち方で。誰かを、自分を、傷つけないように。人に向けて、怖がらせないように。英語も同様です。意思伝達のツールである英語は、道具としてのクオリティの高さはもちろんのこと、より良い伝達のための言語の構成、慰めにも剣にもなり得るという感情への配慮を持って使用しなければなりません。 
単語や表現の選び方、イントネーション、表情、ボディ・ランゲージ、そのすべてに話し手の知性(アタマ)やさしさや強さ(ココロ)、そして英語の洗練(コトバ)が現れます。ザイオンのレッスンはその3つを常に大切にし、追求しています。


 

保護者様へ

Zionは、キリストの愛の精神を尊ぶミッションスクールです。キッズの保護者様には『学習塾』というサービス業のカテゴリーには収まらない『教育機関』であると捉えていただきたく思います。商業主義の英会話教室の講師は、生徒を叱らないように指導されるそうですが、ザイオンは必要に応じて、必要なだけ、叱ります。保護者の方がそばにいても、いなくても。思いやりや優しさのない言動は、絶対に見過ごされません。一番大切なのは、やさしいこころ。磨かれた知性は、必ず優しさと同居します。
どうかご信頼くださって、お子様をお任せ下さい。大切に大切に、指導します。

 
 
New Shoot | ミッション英語学校 ザイオン・ランゲージ・ハウス

 

校名の由来

「主に信頼する人々はシオンの山のようだ。 ゆるぐことなく、とこしえにながらえる。」(聖書 詩篇125篇1節)
※シオン=英語でZion(ザイオン)
 
聖書は紀元(イエス・キリストの誕生)前1500年頃から紀元後100年頃までの、およそ1600年もの時を費やし書かれた「神様からのラブレター」と言われる書物です。講師紹介のページに書きましたが、世界中の歴史上また現代の重要人物が聖書の言葉を人生の羅針盤として掲げています。その中の1節が上の言葉です。「シオン(英語でZion)の山」とは、エルサレム近郊の丘の名前で、祝福の象徴とされています。すべての生徒様に、この聖書の言葉のような揺るぐことのない希望と祝福を取り次いでいきたい―2002年にプログラムをスタートしてから一貫して変わらない、教育とサービスのモットーです。